賃貸の畳が汚れていた場合の退去費用は?負担がない場合も紹介

本サイト・記事は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をもとに作成しております。

賃貸マンション・アパートの退去で畳に汚れがある場合の退去費用は誰が負担するべきなのか、費用はどれくらいになるのか・・」悩んでいませんか?

 

そんな方へ、管理会社で働き退去費用の精算を300回以上を行ってきた「敷金の師匠」が、懇切丁寧に説明します。

 

敷金の師匠

この記事は以下のような人におすすめ!

・畳の清掃・張替え費用は誰が負担するべき?

・クリーニングで落ちないものなの?

 

本記事を読めば、修繕費用は誰が負担すべきで、適切な金額はどの程度なのか知ることができます!

記事前半では”退去の基本的な考え方”を知っていただいた上で、後半では”症状別で畳の汚れに対する退去費用を誰が負担するのか”を解説していきます!

目次

退去費用の基本的な考え方

記事を十分に理解するために、考え方を2つだけ知ってもらいます。

そこまで難しい内容ではないので一読するだけで理解していただけると思います。

では、早速いきましょう。

誰が費用負担するかを決める方法

1つ目に紹介するのは、修繕費用を誰が負担するのかを決める方法についてです。

不動産会社は、退去費用を借りていた人と貸していた人のどちらが負担するのかを、国土交通省の発行している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の中で定められたある基準に従って決めてます。

■判断基準となるルール

貸していた人(貸主)の負担となるのは、次に該当する場合

  • 自然劣化:正しい使い方をしていても、時間とともに物理的に進行してしまう劣化のこと
  • 通常損耗:通常の生活を送る中で生じてしまった痛みや損傷のこと

逆に、

借りていた人(借主)の負担となるのは、次に該当する場合

  • 自然劣化、通常損耗を超える損耗:故意的に、または使い方が悪かったことで起こる損傷のこと

賃貸借契約書の定めが優先される

2つ目に紹介するのは、1つ目に紹介したルールよりも優先されるものについてです。

 

それが、賃貸借契約書の定めです。

 

退去費用について賃貸借契約書での定めがある場合、それに従って処理されることになります。

特約で定められている事が多いため、きちんと確認するようにしましょう

 

⚠賃貸契約書の特約の探し方・読み方については別記事にて紹介しています↓

[getpost id=”2949″ title=”退去の基本” ]

【症状別】畳に汚れがあった場合の退去時の費用負担 

1日やけによる畳の変色

■費用負担
日焼けによる畳の変色については借主の費用負担となる可能性は非常に低い
■根拠
通常の使用にした中で生じる汚れに費用負担はない。
畳は自然に劣化して、少しずつ色あせてゆくものです。
賃借人が通常の住まい方、使い方としていても発生するものについては、賃貸借契約期間中の賃料でカバーされてきたはずのものであり、賃借人は修繕等をする義務を負わないと考えられる。

飲み物・調味料等をこぼしたことによる畳の黒ずみ・シミ

■費用負担
飲み物や調味料をこぼしたことによるフローリングの黒ずみ・しみは借主負担となる可能性が非常に高い
■理由
飲み物や調味料をこぼした際にすぐ清掃を怠ったことによる汚損は通常を超える損耗であるため
入居者の何かしらの行為(故意・過失に関係なく)によって汚れをつけた場合は、通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

飼っていたペットの糞尿による畳の汚れ

■費用負担
飼っていたペットの糞尿による畳の変色については借主の費用負担となる可能性は非常に高い
■根拠
飼っていたペットによる畳の汚損は通常を超える損耗であるため

共同住宅におけるペットの飼育は未だ一般的ではなく、ペットの躾や尿の後始末などの問題でもあることから、ペットによる畳の汚れは賃借人負担と判断される場合が多いと考えられる。

 

■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

喫煙やアイロン等による畳の焦げ跡

■費用負担
喫煙やアイロン等による畳の焦げ跡については借主の費用負担となる可能性は非常に高い
■根拠
喫煙やアイロン等による畳の焦げ跡は通常を超えた損耗であるため
喫煙やアイロン等により畳に焦げ跡がついている場合は、通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。また、賃貸物件での喫煙等が禁じられている場合は用法違反に該当するので注意が必要です。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

洗剤やブリーチ剤による畳の脱色

■費用負担
洗剤やブリーチ剤による畳の脱色については借主の費用負担となる可能性は非常に高い
■根拠
通常の使用にしている中で特に汚れがない場合に費用負担はない。
入居者の何かしらの行為(故意・過失に関係なく)によって脱色した場合は、汚れをつけた場合と同じく通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

髪染め剤や化粧品による畳の着色

■費用負担
髪染め剤や化粧品による畳の着色については借主の費用負担となる可能性は非常に高い
■根拠
髪染め剤や化粧品による汚れは、すぐに拭き取れば着色はなく、通常を超える損耗であると考えるのが妥当であるため
入居者の何かしらの行為(故意・過失に関係なく)によって脱色した場合は、汚れをつけた場合と同じく通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

原因不明の落ちない畳の汚れ

■費用負担
原因不明の清掃で落ちない畳の変色については借主の費用負担となる可能性は非常に高い
■根拠
原因のいかんを問わず、入居中についた汚れで清掃で落ちない程度の汚れは通常を超えた損耗である為
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

設置していた家具による畳の着色

■費用負担
設置していた家具によるによる畳の色移りについては借主の費用負担となる可能性は低い
※ただし、明らかに着色性の強い家具を何ら対策なく設置した場合には費用負担となる可能性がある
※本項目はガイドラインの中で名言されていない為、本サイト独自の見解です。
■根拠
家具の設置は必然的なものであり、設置しただけによる汚れに費用負担はない
賃借人が通常の住まい方、使い方としていても発生するものについては、賃貸借契約期間中の賃料でカバーされてきたはずのものであり、賃借人は修繕等をする義務を負わないと考えられる。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

外壁・サッシからの雨漏りによる畳の色落ち

■費用負担の有無
外壁・サッシからの水漏れによる畳の汚れは借主の費用負担となる可能性は低い
※ただし、水漏れについて賃貸人に通知せず、拭き取るなどのできる範囲で手入れを行わなかった場合には借主の費用負担となる可能性もあると考えるのが妥当である。
※本項目はガイドラインの中で名言されていない為、本サイト独自の見解です。
■根拠
外壁等からの漏水は拭き取る等の手入れが困難と考えられる為。
外壁・サッシからの水漏れは建物を原因とするものであり、拭き取る等の手入れが困難な場合も多く、貸主側の負担とすべき判断される事が多い。

10賃借人の不注意で雨が吹き込んだ等による畳の色落ち

■費用負担
不注意により吹き込んだ雨により畳の汚れや色あせは、賃借人の負担となる可能性が高い
■理由
十分な管理や清掃を怠った為
入居者の何かしらの行為(故意・過失に関係なく)によって著しく色落ちしている場合は、通常の使用を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

 

11家具等を移動させた時についた畳の汚れは

■費用負担の有無
家具等を移動させた時についた畳の汚れは借主の発生となる可能性が高い
■根拠
移動したことによってついた汚れは通常を超える損耗である為
家具を設置した跡についたものでなく、移動したことによってついた場合は、通常の使用を超えるものと判断されることが多いと考えられる。
■修繕方法と負担額

清掃で落ちる場合

○修繕方法
クリーニング
○金額目安
500円〜1,000円/㎡
※通常清掃を超え追加請求の可能性あり

清掃で落ちない場合

○修繕方法
畳の表替え
○金額目安
5,000〜10,000/畳

※損耗の程度が激しく畳の表替えではなく新調での対応となる場合には経年劣化を考慮するのか妥当

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次