本サイト・記事は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をもとに作成しております。

原状回復費用の基本的な考え方 

費用負担の発生するかしないか

費用負担あり
借主の行為が原因
※故意・過失・事故に関わらない
わざとかどうかには関係なく、借主が汚したり、キズをつけた場合、補修費用は借主が負担すべきとされている
費用負担なし

劣化・自然災害等のやむを得ない事情が原因
※漏水など

通常に使用している場合や災害等のやむを得ない事情で汚れたり、キズがついた場合、補修費用は借主が負担する必要はないとされている

障子・襖に汚れがあった場合の退去時の費用負担 

自然劣化

費用負担:なし
賃借人が通常の住まい方、使い方としていても発生するものについては、賃貸借契約期間中の賃料でカバーされてきたはずのものであり、賃借人は修繕等をする義務を負わないと考えられる。

何かしらの着色

費用負担:あり
減価償却:なし(障子紙・襖紙)、建物耐用年数(枠)
賃借人の住まい方、使い方次第で発生したりしなかったりすると考えられるものは、故意・過失、善管注意義務違反等による損耗等を含むこともあり、賃借人が負担すべき費用の負担の検討が必要になる。

落書き

費用負担:あり
減価償却:なし(障子紙・襖紙)、建物耐用年数(枠)
賃借人の善管注意義務違反に該当すると判断されることが多いと考えられる。

喫煙によるヤニ汚れ

費用負担:あり
減価償却:なし(障子紙・襖紙)、建物耐用年数(枠)
喫煙等によりクロス等がヤニで変色したり匂いが付着している場合は、通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。なお、賃貸物件での喫煙等が禁じられている場合は、用法違反にあたるものと考えられる。