本サイト・記事は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をもとに作成しております。

費用負担の発生するかしないか

費用負担あり
借主の行為が原因
※故意・過失・事故に関わらない
わざとかどうかには関係なく、借主が汚したり、キズをつけた場合、補修費用は借主が負担すべきとされている
費用負担なし

劣化・自然災害等のやむを得ない事情が原因
※漏水など

通常に使用している場合や災害等のやむを得ない事情で汚れたり、キズがついた場合、補修費用は借主が負担する必要はないとされている

塗装壁に汚れがあった場合の退去時の費用負担

自然劣化(日焼け等)

■費用負担
費用負担の可能性は非常に低い
■理由
塗装壁は自然に劣化して、少しずつ黄ばんでゆくものです。
賃借人が通常の住まい方、使い方としていても発生するものについては、賃貸借契約期間中の賃料でカバーされてきたはずのものであり、賃借人は修繕等をする義務を負わないと考えられる。
■騙されないポイント
通常の使用にしている中で特に汚れがない場合に費用負担はない。
■不動産会社に騙されずに費用を抑える金言
「自然劣化及び通常損耗のみですので塗装壁の黄ばみについては費用負担なしとなりますよね。」

何かしら着色(原因特定の有無を問わない)

■費用負担
発生する可能性が非常に高い
■理由
入居者の何かしらの行為(故意・過失に関係なく)によって汚れをつけた場合は、通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。
■騙されないポイント
着色がある箇所を写真を撮る等できちんと把握して、過剰な請求を防ぎましょう。
■不動産会社に騙されずに費用を抑える金言
「着色があった箇所は◯ヶ所で、他の箇所については自然劣化・通常損耗で良いでしょうか。」

喫煙によるヤニ汚れ

■費用負担
発生する可能性が非常に高い
■理由
喫煙等により壁がヤニで変色したり匂いが付着している場合は、通常の使用による汚損を超えるものと判断される場合が多いと考えられる。また、賃貸物件での喫煙等が禁じられている場合は用法違反に該当するので注意が必要です。
■騙されないポイント
たばこのヤニについては費用負担は避けられないので、請求金額が適正かどうか判断する。
■不動産会社に騙されずに費用を抑える金言
今回はなし