本サイト・記事は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をもとに作成しております。

原状回復費用の基本的な考え方 

費用負担の発生するかしないか

費用負担あり
借主の行為が原因
※故意・過失・事故に関わらない
わざとかどうかには関係なく、借主が汚したり、キズをつけた場合、補修費用は借主が負担すべきとされている
費用負担なし

劣化・自然災害等のやむを得ない事情が原因
※漏水など

通常に使用している場合や災害等のやむを得ない事情で汚れたり、キズがついた場合、補修費用は借主が負担する必要はないとされている

畳についた設置跡の退去時の費用負担 

11畳の変色(日照、建物構造欠陥による雨漏りなどで発生したもの)

費用負担:なし
日照は通常の生活で避けられないものであり、また、構造上の欠陥は、賃借人には責任はないと考えられる。
(賃借人が通知義務を怠った場合を除く)

2家具の設置による床、カーペットの凹み、設置跡

費用負担:なし

家具の設置は必然的なものであり、設置したことだけによる凹み、跡は通常の使用による損耗を捉えるのが妥当と考えられる。