本サイト・記事は「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をもとに作成しております。

原状回復費用の基本的な考え方 

費用負担の発生するかしないか

費用負担あり
借主の行為が原因
※故意・過失・事故に関わらない
わざとかどうかには関係なく、借主が汚したり、キズをつけた場合、補修費用は借主が負担すべきとされている
費用負担なし

劣化・自然災害等のやむを得ない事情が原因
※漏水など

通常に使用している場合や災害等のやむを得ない事情で汚れたり、キズがついた場合、補修費用は借主が負担する必要はないとされている

塗装壁についた設置跡の退去時の費用負担 

テレビ・冷蔵庫等の後部壁面の黒ずみ(いわゆる電気ヤケ)

費用負担:なし
テレビ・冷蔵庫は通常一般的な生活としていく上で必需品であり、その使用による電気ヤケは通常の使用と捉えるのが妥当と考えられる。

2壁に貼ったポスターや絵画の跡

費用負担:なし

壁にポスター等を貼ることによって生じるクロス等の変色は、主に日照などの自然現状によるもので、通常の生活による損耗の範囲であると考えられる。

3壁等の画鋲、ピン等の穴(下地ボードの張替えは不要な程度のもの)

費用負担:なし

ポスターやカレンダー等の掲示は通常の生活において行われる範疇のものであり、その為に使用した画鋲、ピン等の穴は通常の損耗と考えられる。

4天井に直接つけた照明器具の跡

費用負担:あり

予め設置された照明用コンセントを使用しなかった場合には、通常の使用による損耗を超えると判断されることが多いと考えられる。

5壁等の画鋲、ピン等の穴(下地ボードの張替えが必要な程度のもの)

費用負担:あり

重量物の掲示のためのくぎ、ねじ穴は、画鋲等の物に比べて深く、範囲広いため、通常の使用による損耗を超えると判断されることが多いと考えられる。なお、地震等に対する家具転倒防止の措置については、予め賃貸人の承諾、またはくぎやネジを使用しない方法等の検討が考えられる。